page_top

[記述式問題:答案作成術] 【現代文】 論理フレームワークを使って、短時間で論理的な解答を書こう!

  • [失点防止&得点獲得のカギは?] 記述式問題:得点に差がつく答案作成術
  • スタディサプリ講師:柳生 好之先生
  • [2018/2/5]

簡潔で明快な日本語で、文法的・論理的に正しい文を書く

 記述解答を採点する際に重要になってくるポイントは主に3点ある。①誤字脱字がないか。②文法・語法・構文のミスがないか。③内容の過不足がないか。以上の3点を採点官はチェックする。
 まず①については、説明の必要はないだろう。特に漢字の書き間違いには注意しよう。③については、正しい文章読解が必要になる。記述もマークも正しい文章読解を前提とするので、この部分は記述に限った話ではない。
 そこで、記述解答を書く際のカギとなるのが、②文法・語法・構文である。例えば、主語と述語が一致しているか、修飾・被修飾関係が正しいか、言い回しが一般的であるかなどがチェックされる。受験生に多いミスは、「長い記述解答を書いているうちに自分が書いた主語を忘れて、主語・述語の関係にねじれが生じる」というもの。また、「修飾語と被修飾語が離れすぎている」というのもよくあるミス。必ず読み直してチェックしてみることが重要だ。
 そして、内容を正しく表現するための構文=フレームワークがチェックされる。例えば、「差異」を説明するための構文が適切か、「類似」を説明するための構文が適切か、など正しい構文を使っているかを採点官はチェックするのだ。そこで、内容を正しく盛り込むための構文を覚えて、記述解答を書くときに生かそう。また、構文は文章内容を読解する際にも役に立つので、ぜひこの機会に構文の確認をしてほしい。


失点防止&得点獲得
答案作成の原則

原則1:文の解答を書く場合は、主語と述語を必ず確認する

 日本語文の骨格は主語と述語だ。ここが間違っていると解答内容が根本的に間違いになるので要注


蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[失点防止&得点獲得のカギは?] 記述式問題:得点に差がつく答案作成術 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by 螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中