page_top

年間学習プラン【物理】最初はじっくりと学習の基礎を固め、次第に速度を増して実力を伸ばそう

  • [13科目別! 受験勉強マニュアル] 第1志望校「合格!」への年間プラン!
  • 代々木ゼミナール ●中川 雅夫先生
  • [2018/3/19]

まずはココから!
簡単な問題から始めて、問題演習で物理に慣れる。演習レベルを上げて理解を深め、思考力を鍛える

 物理の学習では手を動かしながら進めることが大切である。教科書や参考書を読んで理解したつもりになっても自力で問題を解くことは難しい。まず、力の図示や公式代入の練習など単純作業中心の基本問題を解く。この段階は焦らずじっくり進めることが重要である。慣れてきたら次は物理の問題の解き方を身につける。問題集や参考書の典型問題の解説を読んで、何をすればよいか真似することから始めてみる。このとき、単に解答を写すだけではダメで、「なぜそうするのか?」を考えながら進めることが大切である。たとえば、「静止しているから力のつりあいの式を立ててみる」「放物運動だから水平方向と鉛直方向に分けてみる」などと考える。解き方が身についてきたら、少し難しい問題に挑戦して思考力を鍛えていく。


≪1学期≫
力学の基本問題の演習から始めて物理の理解で差をつける。初めに時間をかけてじっくり取り組めばあとが楽になる

 物理の学習のコツは問題を解いて理解を深めていくことである。目で見て暗記したとしても、実際に

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[13科目別! 受験勉強マニュアル] 第1志望校「合格!」への年間プラン! 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by 螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中