page_top

夏休み40日の“プラスα”:【古文の巻】

  • 《合格力を伸ばそう!》 夏休み40日の“プラスα” [英語・数学・古文]
  • 代々木ゼミナール 古文・漢文講師:望月 光 先生
  • [2019/7/19]

夏休みのプラスα 1
スキマ時間も使い様。片手間だっていい。考える前に、始める!

 みなさん、古文の勉強を堅苦しく考えていませんか。何をどんなふうに勉強したらいいんだろう? そんなふうに悩んでいるなら、ちょっとした暇を見つけて、とりあえず単語集を終わらせてみましょう。

 例えば夜。お風呂上がりにドライヤーを当てるとき。髪の毛を乾かしながら、単語帳を開いておき、乾くまでの間にやれるだけの単語をやるんです。乾いたら、そこで本を閉じる。そんなこと繰り返しているうちに、1か月もあれば、単語帳1冊終わってしまいますよ。1日に何個やるとか、完全に覚えるまで先に進まないとか、そんな堅苦しいこと考えないほうがいい。

 文法もそうなんです。「まず用言をやって、助動詞をやって、助詞か…難しいな。敬語?嫌いだな…」。そんなこと悩んでないで、とりあえず助動詞だけやってしまうんです。1週間で終わります。

 勉強の習慣ができると、はずみがついて、「じゃあ、ついでに用言の活用も見ておこうか」とか、「助詞も目を通しておこう」とか、自分で次にやらなきゃいけないことが見えてくる。

 人に言われるんじゃなくて、自分で「感じる」のが大切。「感じる」ためには、まず手をつけなきゃいけないんですよね。考えてないで、まず、今日のお風呂上がりから始めてください。


著者プロフィール

望月 光先生

代々木ゼミナール 古文・漢文講師
大阪に生まれ、神戸で学び、京都に住む。予備校では、本当に古文がわからない生徒のために、楽しくて、中身が濃くて、ためになる授業を心がけている。最新刊『古文教室 古文読解編』のほか著書多数。

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《合格力を伸ばそう!》 夏休み40日の“プラスα” [英語・数学・古文] 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中