page_top

[共通テスト]“出題&対策”徹底研究【地学】

  • [9か月後に高得点GET!]共通テスト“出題&対策”徹底研究
  • [2020/4/23]

河合塾 田中 理代先生


共通テスト「地学」はこんな問題!

 ■文やグラフなどから、的確な情報を読み取る力が問われる
 ■地学現象を理解し、多角的に見る広い視野が問われる
 ■課題について、道筋を立てて結論を導く力が問われる

 共通テストでは、①情報を抽出・整理し、関係性や傾向をとらえる力、②観察・実験などの結果を分析・解釈する力、③数的処理の結果をもとに考察する力、④課題について、原理・法則に従って推論する力、⑤情報を検証し、設定条件などについて判断する力、⑥基本的な概念・情報を応用する力を問うという指針がとられている。

 少し硬い表現になっているので、具体的に言い換えてみると、「問題文や図、グラフ、表などから、どんなことが読み取れるか、規則性はあるかないか」を判断したり、「探求活動となる実験や観察の記録から、情報を読み取って、仮説を検証するためにはどのような実験が必要か、与えられたデータから、どのような結論が導き出せるかを考察する」などの問題が出題される。

 最近のセンター試験では、大問がさらに中問に分割されて、広い範囲からまんべんなく出題される傾向にあったが、共通テストの試行調査を見ると、大問・中問はあるものの、大問一つに一つのテーマがあり、それを多角的に考察していく問いが出題されている。読み込まなくてはならない問題量が多く、見慣れない図やグラフも扱われているが、基本的な地学現象の知識を用いて解ける問題も多いので、まずは基本をしっかりと把握してから、考察力をつけていくことが望ましい。


センター試験⇒共通テスト ここが変わる&変わらない!


この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[9か月後に高得点GET!]共通テスト“出題&対策”徹底研究 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中