page_top

難関国立9大学[英・数・国]傾向と対策

  • [2020/8/26]

日本最高レベルの難易国立大である旧7帝大および東工大・一橋大。
これら9大学の超ハイレベルな激戦入試を勝ち抜くためには秋以降、各大学の出題傾向に即した効果的な2次試験対策を行い、試験までに合格点を獲得できる高度な学力を鍛え上げる必要がある。
そこで今回、難関国立9大学の英語・数学・国語の2次試験について受験指導のプロに出題傾向と秋からの対策方針を解説してもらった。

【英語】
東邦大付属東邦中学・高等学校
佐々木 欣也 先生
《プロフィール》
「英語は口を動かす実技科目だ」をモットーに、普段の授業では「音読」を最重要視し、日々熱い授業を展開している。著書に『7日間完成!はじめての4技能まるごとトレーニング』(旺文社)などがある。


【数学】
河合塾
大竹 真一 先生
《プロフィール》
河合塾講師として毎年多くの受験生たちを指導するほか、大学でも教鞭をとる。旺文社の『全国入試問題正解』の解答者・巻頭言執筆者であり、多くの受験生向け参考書、大学生向けの教科書も執筆している。


【国語】
河合塾
鹿子島 康二 先生
《プロフィール》
河合塾・武蔵予備校にて現代文を中心に国語科全般の授業を担当。モットーは「語学の才能=努力」で、わかりやすい指導は定評がある。著書『オリジナル センター試験 国語実戦問題集』(共著/桐原書店)。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中