page_top

【国語】難関大合格へ、停滞はこう抜け出す!

  • [難関大合格へ、停滞はこう抜け出す!]秋の“伸び悩み”原因&解消法は?
  • [2020/10/21]

河合塾
鹿子島 康二先生

だから伸びない! 秋の“伸び悩み”の要因は?

語彙力を中心とした基礎学力を軽視している
基礎をおろそかにした過去問演習を行っている
不安や迷いからたびたび学習法を変える

 国語の場合、本格的な受験対策期の秋を迎えると、第1志望校の過去問に何度挑んでも結果が伴わなかったり、制限時間や得点率の壁にぶち当たって本来やるべきことを見失って混乱したり、というトラブルに遭遇しがちである。こうした悩みを解消するために、まずは「語学の学力は減らない」ことを理解して安心してほしい。極言すると、すべての語学の学力は「単語をいくつ知っているか」が勝負だからである。習得したことばが減らない以上、学力が下がることはない。要は試験までに学力の養成を着々と積み重ねることであり、そのためには無駄な回り道をしないことである。今までの努力は間違っていないことを信じて努力を続けよう。

講師紹介

河合塾 鹿子島 康二先生

河合塾・武蔵予備校にて現代文を中心に国語科全般の授業を担当、モットーは「語学の才能=努力」。著書に『オリジナル センター試験 国語実戦問題集』(共著/桐原書店)がある。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・10月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[難関大合格へ、停滞はこう抜け出す!]秋の“伸び悩み”原因&解消法は? 記事一覧

記事一覧に戻る

科目別 予想と対策 記事一覧

科目別 予想と対策 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中