page_top

Part 1:模試を活かす!模試のよくある疑問にズバリ回答!

  • 模試結果を「合格」に活かす!《秋からの活用術》
  • [2017/9/25]

夏休みの勉強は「基礎固め」、すぐには身に付かない。でも、志望校の判定は気になるもの。
模試に対する、現役受験生が気になる点、よくある疑問に対し、編集部がお答えする。

Q 夏休み後も「D判定」。志望校を変えるべき?

 高校や予備校での夏期講習、自宅での長時間学習で、本格的な「基礎固め」をしたはずなのに、夏休み明けの模試を受けたら「D判定」、といったように、志望校判定の低さにあせりを覚える人はけっこういるはず。あせること自体は悪くないが、ここでパニックを起こし、志望校をランクダウンしたら、それはあまりにも早すぎる。夏休み明けの今の時期に「伸び悩み」を感じるのは、実は無理もないことなのだ。
 「夏休みの勉強の成果が身につき、目に見える結果としてあらわれるのに、早くても2~3ヶ月はかかる」といわれる。現時点では、夏休みにインプットした知識が、きちんと答案としてアウトプットできるほど整理されていない。模試が集中する10月~11月頃にようやく、応用力として発揮できるという。「知識量イコール得点」とはいかない国語・数学・英語はなおさらだ。また、現役生の場合、夏休み直後はまだ既卒生(浪人)との学力差が開いている。志望校判定が伸びないのは、そのためでもある。


Q なぜ、なかなか模試の成績が上がらないの?

 受験生はたいてい、努力しただけ右肩上がりに学力が伸びていくものとイメージしがちだが、先にも



蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

模試結果を「合格」に活かす!《秋からの活用術》 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

6月のテーマ
毎月中旬更新

《難関大受験生向け》大学入学共通テスト 傾向と対策

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中