page_top

【極意 5】受験校数・日程を調整 [無理のない数と日程を!]

  • 「併願」プランニング:成功への5つの極意
  • [2017/10/13]

無理のない数・日程に調整し、万全の気力・体力&学力で受験!

併願プランニングの“と×” ⑤スケジューリング

 ゆとりのある受験日程で休息&勉強の時間も確保

↓↓ その結果は? 

全日程を通して試験日に最大の力を発揮できる

× 「数撃ちゃ当たる!?」で、受験日程を埋め尽くす

↓↓ その結果は? 

体力や集中力の低下を招き、思わぬ敗北を喫するハメに

受験校数は5~6校が目安。「1・3・2」が基本パターン

 読者の中には、できれば何校でも併願して、チャンスを拡大したいと思う人もいるだろう。だが、受験校数が多すぎると各大学の受験対策が手薄になるし、試験に臨む集中力も散漫になる。それに実際に

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

「併願」プランニング:成功への5つの極意 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中