page_top

先生が助言!【センター直前期からの成功&失敗事例】 センター試験対策

  • 進路指導の先生が助言! これがセンター直前期の「成功&失敗事例」だ!!
  • [2017/12/19]

滋賀県立草津東高等学校・進路指導課長 堀浩司先生


【合格を決めるポイント:センター試験対策】
●本番の時間割を意識してリハーサルを行う
●分野ごとの習熟度を分析し、記憶の深化を図る
●暗記教科に偏らない教科バランスを保ち、勘を鈍らせない


成功:練習を本番のように本番を練習のように

センター本番の時間割を意識し、「相棒」と仲良くなっておく

 この時期からセンター試験本番を見据えた練習をしている生徒は強い。センターのリハーサルでは体内時計を本番の時間割に合わせる感覚でタイムマネジメントをしましょう。英語リスニング対策のCDを聴くのは日が暮れてから、しかも頭が疲れているタイミングで…と徹底していた生徒は、本番では全く緊張せず、練習の感覚のままできたといいます。練習段階では腕時計で時間を確かめる練習も繰り返しておきましょう。鉛筆や消しゴムは当日使うものを用いてリハーサルに取り組みましょう。顔も知らない他校の受験生に囲まれ、ただでさえ緊張するセンター当日、前日に買ったばかりのまっさらな鉛筆が机の上にあるだけで緊張感が高まってしまいます。「苦楽を共にした私の相棒」と呼べる腕時計や文房具が心を落ち着けてくれます。

タイムトレーニングと分野別強化をバランスよく

 各教科で「勘を鈍らせないこと」と「穴を埋めること」のバランスが大事です。センター試験でうまく得点できる生徒は、緻密な学習戦略を持っているものです。サッカーやバスケットボールに例えるな

著者プロフィール

滋賀県立草津東高等学校 進路指導課長 堀 浩司先生

国語科教諭。滋賀県立守山高等学校では進路指導部長、スーパーグローバルハイスクール(SGH)推進室長等を歴任し、学力や進学実績の向上に向けた改革に着手。生徒の心に火を点ける、きめ細かな「仕掛ける進路指導」をモットーに、数多くの生徒を志望校合格に導いている。2009年度文部科学大臣優秀教員として表彰を受けた。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

進路指導の先生が助言! これがセンター直前期の「成功&失敗事例」だ!! 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中