page_top

先生が助言!【センター直前期からの成功&失敗事例】 「生活」

  • 進路指導の先生が助言! これがセンター直前期の「成功&失敗事例」だ!!
  • [2017/12/19]

滋賀県立草津東高等学校・進路指導課長 堀浩司先生


【合格を決めるポイント:生活】
●規則正しい生活リズムで、体・心・場を整える
●自習室を利用し、「受験は団体戦」の意識を持つ
●モチベーションを保つ仕掛けで、ポジティブ思考を維持


成功:学校に軸足を置いて、いろんな力を追い風に

自習室を徹底利用し、サポーターの力を借りる

 成功する生徒は「学校に軸足を置いている」イメージが強くあります。毎日決まった時間に登校し、自習室の決まった席で勉強する。いい意味で先生を頼り、質問に来る。英作文や記述答案、小論文の個別添削指導を受けながら先生との会話が弾んでいる。覚悟を決めた人は、その気迫や真摯な姿勢が周りの人間を味方につけるのですね。そういう生徒は、先生のほうからも廊下で見かけて声をかけたり、質問に答えるだけでなくプラスアルファのアドバイスをしたり、気持ちを鼓舞する言葉を添えたり…。損得勘定で動く打算的な人や、私立大入試や国公立大前期日程が終わったら気持ちが切れてしまう人は、周りのサポーターの力を自ら放棄してしまいます。多くの人に応援してもらっているという感覚がキツイ受験生活を支えてくれるのです。

mustではなく、canの発想でモチベーションを高く保つ

 「背中を押してくれる言葉を部屋のコルクボードに貼っている」「天井に貼ったお気に入りの言葉を毎日見ている」など、言葉の力を味方につけている受験生は強いと思います。憧れの大学の校門写真を

著者プロフィール

滋賀県立草津東高等学校 進路指導課長 堀 浩司先生

国語科教諭。滋賀県立守山高等学校では進路指導部長、スーパーグローバルハイスクール(SGH)推進室長等を歴任し、学力や進学実績の向上に向けた改革に着手。生徒の心に火を点ける、きめ細かな「仕掛ける進路指導」をモットーに、数多くの生徒を志望校合格に導いている。2009年度文部科学大臣優秀教員として表彰を受けた。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

進路指導の先生が助言! これがセンター直前期の「成功&失敗事例」だ!! 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中