page_top

【読む力・書く力を鍛えよう!】 ◆小論文指導のプロ:齋藤先生からの助言!

  • 「読む力」「書く力」を鍛えよう!
  • ◎東京都立昭和高等学校 国語科主任 齋藤 國弘先生
  • [2018/5/29]

小論文対策はいつでもどこでも
身近にあるものを有効利用、
日頃の小さな習慣が効いてくる!

小論文は暗記では書けない!

 読解力や記述力の向上には、物事を観察する力や分析する力を日頃から鍛え、その力を使ってじっくり考え、言葉にまとめて書き出す時間を持つことが、本来は必要です。

 しかし実際には、推薦入試直前の、あるいはセンター試験から2次試験までの1か月ほどで、あわてて準備を行うケースが多く、即効性を求めるあまり、テーマ別の小論文問題集などで暗記したことを書き出すだけに終わってしまいます。残念ながら、暗記だけでは合格を勝ち取る小論文は書けません。

 今からなら、決して遅くありません。ここでは日常生活の中で無理なくできる、「読む力」「書く力」をつける方法を紹介します。


良問に触れ、小論文とは何か認識する

 その前にまず、国公立大や難関私立大の良質な過去問を、解くのではなく、実際に読んでみることから始めましょう。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

「読む力」「書く力」を鍛えよう! 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中