page_top

【疲れにくい習慣】 「疲労」の回復・予防法

  • 【入試本番までバテない“秘訣”!】体・心・脳が疲れにくい習慣
  • [2018/8/21]

疲労

実は怖い、疲労が及ぼす勉強への悪影響

なんとなくダルい、ずっと疲れが抜けない…
そんな人は要注意。心身からの危険信号だ。
まずは、疲労がいかに受験生の大敵かを知ろう。

十分な睡眠と適度な運動が疲労を溜めないコツ!

 心身の疲労状態が続くと、頭痛や発熱、体の凝りといった身体面の不調だけでなく、脳の機能も低下してしまう。そして、意欲や集中力、記憶力の低下、ネガティブ思考、不安や焦り…といった症状として現れ、勉強にも悪影響を及ぼしてしまうのだ。

 もっとも効果的な疲労の回復・予防法が、睡眠だ。高校生の理想の睡眠時間は1日8時間ほど。最低

監修者プロフィール

西多 昌規さん

精神科医、早稲田大学准教授。東京医科歯科大学卒業。自治医科大学講師、ハーバード大学、スタンフォード大学の客員研究員などを経て、早稲田大学スポーツ科学学術院准教授。精神科専門医、睡眠医療認定医。専門は睡眠、身体運動とメンタルヘルス。『脳を休める』、『「昨日の疲れ」が抜けなくなったら読む本』など著書多数。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

【入試本番までバテない“秘訣”!】体・心・脳が疲れにくい習慣 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中