page_top

【模試120%利用法<PART:2の2>】 模試のプロからアドバイス! ⇒試験を受ける側から…

  • 【秋から飛躍するために!】 模試の120%利用法
  • [2018/9/28]

夏~秋の模試は結果をどう受け止め、本格的な追い込みにどう活用していくのか?
模試を受ける高校から、受験のプロが正しい利用法を伝授!


試験を受ける側から…

滋賀県立草津東高校 進路指導課長
堀 浩司先生

D判定は合格圏内に入った証拠!

9月マーク模試の成績表を持って、進路指導室を訪れたAくんと先生との会話。合格判定が芳しくなく、Aくんは思いつめた様子です。

Aくん:〇〇大はE判定・・・。あきらめた方がいいですかね?

先生:英語であと6点取れれば、偏差値が2上がって、D判定になるよ。

Aくん:それでも、Dですよね?〇〇大は厳しいかなぁ…。

先生:D判定なら、上位35%に入ったってことだよ。
入試の倍率が3倍なら、上位33%に入れば合格できるのだから、かなり合格に近いんじゃない?

Aくん:でも、夏休み、あんなにがんばったのに、この判定じゃ…。

先生:やり始めてすぐに結果は出ないよ。
先輩たちも、成果が表れるまで3か月はかかると言っていた。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

【秋から飛躍するために!】 模試の120%利用法 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中