page_top

入試直前/特別コーチ【個人面接(一般質問)】

  • 《小論文答案作成法&面接・口頭試問の応答術》入試直前「小論文・面接」特別コーチ
  • [2019/2/14]

面接者とのコミュニケーションが第一。面接者の目を見て素直に対応しよう


「突っ込んだ質問」にあわてずに答える

 受験生1人に対し、面接者1~4人による対話型。面接時間は5~20分程度。質問内容は一般的なことがらが中心で、最も標準的なタイプである。
 受験生1人対面接者1人の場合は、2人が机をはさんで向き合って座る形で、どうしても「質問する人」と「回答する人」の対決の場になり、緊張しがちだ。
 まず面接者とのコミュニケーションを第一に考え、なごやかな対話になるように心がけよう。リラックスして、面接者の目を見つめ、自分をしっかりアピールすること。
 受験生1人対面接者2~4人の場合は、1人対多勢で圧倒されやすい。まず、腹を据えて、落ち着くこと。積極的に自己表現しよう。
 この場合は、質問の内容や流れなどに注意しなければならないが、とくに次の点に気をつけよう。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《小論文答案作成法&面接・口頭試問の応答術》入試直前「小論文・面接」特別コーチ 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

6月のテーマ
毎月中旬更新

《難関大受験生向け》大学入学共通テスト 傾向と対策

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中