page_top

[失敗]から学ぶ!:【成功への極意④】「メンタルが整わない」ケース

  • 《進路の先生が教える!》[失敗]から学ぶ[成功]の極意
  • [2019/6/26]

失敗パターン メンタルが整わない

浮気や背伸びで軸がぶれる。素直さ・謙虚さに欠ける

 周りを気にし過ぎて、浮気をしたり背伸びをしたりするタイプの人は、焦りのウエーブに呑み込まれがちです。軸足が定まらないからです。今やっている問題集を途中でやめて評判のいい参考書に手を出したり、恰好をつけて難しい問題集に取り組んだりする人が、このタイプ。
 素直でなく、柔軟性や謙虚さに欠けるタイプの人も、伸びを欠くことが多いようです。先生が「大事だよ」といったことを無視したり、アドバイスに耳を傾けずに我流を通したりする人、根拠もなく「自分はできる」という万能感を持つ人が、このタイプ。頑固な人に限って、計画を修正できなかったり、効率の悪いやり方に固執したりするものです。


▼▼▼

【解決法】 地に足をつけて一歩ずつ! 自信と謙虚さを併せ持つ

 周りを気にして焦るのは、地に足がついていない証拠。一歩ずつ川底を確かめながら進めば渡れる深


著者プロフィール

滋賀県立草津東高等学校 進路指導課長 堀 浩司先生

国語科教諭。滋賀県立守山高等学校では進路指導部長、スーパーグローバルハイスクール(SGH)推進室長等を歴任し、学力や進学実績の向上に向けた改革に着手。生徒の心に火を点ける、きめ細かな「仕掛ける進路指導」をモットーに、数多くの生徒を志望校合格に導いている。2009年度文部科学大臣優秀教員として表彰を受けた。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

《進路の先生が教える!》[失敗]から学ぶ[成功]の極意 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中