page_top

[成功する併願]MUST!ポイント:その1…目的の明確化

  • [ベストな結果を導き出す!]“成功する併願”5つのMUST!ポイント
  • [2019/10/15]

併願で「何を、どうしたいか?」
自分の希望を整理して狙いを絞る


併願のメリットとデメリット

メリットはここ!


◆一発勝負の不安が軽減。落ち着いて試験に臨める

 一回きりの受験では、万が一にも失敗は許されず、試験当日のプレッシャーは相当に強くなる。だが、受験機会を増やせば、浪人の不安が軽減され、落ち着いて試験に臨める。


試験慣れすることで、実力を発揮しやすくなる

 本番の試験という特殊な状況下で、普段の実力を発揮できない受験生も少なくない。だが、併願で実戦経験を積み、試験の状況に慣れれば、本番への対応力もアップする。


◆高いハードルの大学にも臆せずに挑戦できる

 「本命校は実力的にちょっと厳しい…」という場合、併願校で保険をかけつつ、難関突破を狙う作戦が有効だ。特に、秋から伸びる現役生は、この作戦が当たることも多い。


こんなデメリットも…


◆併願校の数が増えると、試験対策の手間も増える

 併願校でも合格を狙う以上、各大学の入試科目や出題傾向に応じた受験対策が不可欠。だが、併願校

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[ベストな結果を導き出す!]“成功する併願”5つのMUST!ポイント 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中