page_top

記述式問題/得点に差がつく答案作成術:【英語】

  • [合格答案の書き方!]記述式問題:得点に差がつく答案作成術
  • [2020/2/5]

駿台予備学校講師 竹岡 広信先生

「読解問題」攻略の最大の決め手は緻密な下線部訳!

 下線部訳がベースの「読解問題」
 書ける範囲で書く「英作文」


 大学入試の英語試験は、問題形式と無関係に「緻密な下線部和訳」が問題作成のベースになっている。要約問題も下線部説明問題も、そのベースには従来の下線部和訳がある。実際、模擬試験の下線部説明問題の採点基準は、下線部和訳問題のそれとほぼ同様だ。このことは、東京外国語大学のホームページに掲載されている採点基準と模範解答からも確認できる。たとえば、下線部説明問題で、答えるべき箇所に not a single clue「ただ一つの手がかりもない」が含まれているとき、勝手に single を抜かして「手がかりがない」と答えると減点される可能性が高い。和訳問題に限らず、「読解問題」の得点確保には丁寧な訳が不可欠なのだ(しかも、意味が通じない機械的な「直訳」はNG!)。逆に、英作文、自由英作文では「(指示文のあるいは頭の中の)日本語を逐語訳」したものはダメ。たとえば「昔はよかったのにと後悔する」とある場合、regret は不可。regret はマイナスの内容を目的語にとるからだ。この例では feel で十分。「自分が確実に知っている単語」だけで勝負しなければならない。



絶対厳守!
答案作成の基本ルール

ルール1
下線部和訳問題は、代名詞の指すものを丁寧に追う!


蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[合格答案の書き方!]記述式問題:得点に差がつく答案作成術 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中