page_top

記述式問題/得点に差がつく答案作成術:【現代文】

  • [合格答案の書き方!]記述式問題:得点に差がつく答案作成術
  • [2020/2/5]

「スタディサプリ」講師 柳生 好之先生

書き方だけで合否が決まる!?
論理的な解答を

 「文法」「論理」のミスに注意し、理路整然とした答案を書く

 記述解答を書くときに「なんとか部分点を取りたい!」と考えて、本文の表現をたくさん拾ってツギハギのような解答を書く受験生がいる。しかし、そのようにして作られた解答には低い点しか与えられない。「模範解答は自分も見つけた表現で書かれているのに、なぜ自分の答案は点数が低いのか」と悩む受験生は多い。そのような答案は「単語」のレベルで見ると模範解答に近いように見えるが、「文法」「論理」というレベルで見ると、日本語文の体をなしておらず、意味不明なものになっているのだ。文は「文法」「論理」といった構造が「意味」を決定している。つまり、本番で自分の解答を書くとき、あるいは自分の解答を読み直すときには「文法」「論理」に注意することが鉄則となる。答案を書くときには「必ずミスがあるはずだ」と考えて見直しをしてもらいたい。自分のミスの傾向がわかっていれば、本番でも自分のミスに気がつき、あと数点を稼ぐことができる。制限字数の中で、できるだけポイントを詰め込もうとするのではなく、必須のポイントに絞り、よく整理されていてわかりやすい答案を書こう。



絶対厳守!
答案作成の基本ルール

ルール1
「主語」は1つ、「述語」は2つまでにする!


蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[合格答案の書き方!]記述式問題:得点に差がつく答案作成術 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中