page_top

[キムタツ先生がアドバイス]逆境を乗り越え“飛躍の夏”にする過ごし方!

  • [キムタツ先生がアドバイス]逆境を乗り越え“飛躍の夏”にする過ごし方!
  • [2020/7/14]

新型コロナウイルスの感染拡大を受け、学校が休校になるという未曾有の事態が起きた。地域によっては休校期間が長引いたところもあり、授業のオンライン対応の有無なども含めて、あらゆる面で“差”がある状態で突入した今年の夏。新入試初年度ということで、ただでさえ不安要素を抱えていた受験生は、今、数々のイレギュラーに直面している。そして、イレギュラーとは、ピンチでありチャンスでもある。自らも数々の逆境を乗り越えてきた木村達哉先生が、この逆境を乗り越え、飛躍のチャンスに変えるヒントをお届けする。

灘中学校・高等学校 英語科教諭
木村達哉 先生

この夏、受験生が直面するイレギュラー

●ウイルス感染拡大による社会の混乱
●コロナ第二波への恐れ
●求められる感染対策
●新入試初年度で過去問がない
●入試時期・内容の不確定さ
●休校による学習の遅れ
●夏休み期間の短縮
●不安定な学校生活
●塾・予備校の夏期講習の縮小


不安1
新入試初年度に新型コロナウイルス…
これから先の受験生活が見通せず不安。

 新入試初年度は以前からわかっていたことですし、英語の外部試験や共通テストの筆記試験がなくなったことで負担が軽くなったので、不安に感じる必要はありません。共通テストは過去問がないから対


著者プロフィール
木村 達哉先生

木村 達哉先生

灘中学校・高等学校 英語科教諭
教壇に立つ傍ら、英単語帳『ユメタン』(アルク)や参考書などを多数執筆。また、「英語教師塾」を立ち上げ、全国的な活動を展開している。著書に『人生の授業』(あさ出版)などがある。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中