page_top

新型コロナウィルスへの対応として、多くの大学で入試の変更が公表されています。
必ず大学ホームページ等、公式の情報もご確認ください。

[60日で志望校を射程に!]難関大合格点突破へ!MUST DO× 6

  • [60日で志望校を射程に!]難関大合格点突破へ!MUST DO× 6
  • [2020/11/18]

「大学入学共通テスト」まで残すところ60日。いよいよ入試直前期だ。
難関大の合格点突破を実現するために、この60日間に何をやるべきなのか?
受験指導のプロに6つの“MUST DO”をズバリ指摘してもらった。

(株)プラスティー教育研究所
八尾 直輝 先生

あと60日のMUST DO 1
答案作成訓練による記述力養成
【方法】 答案の作成・採点・添削を通して、加点・減点ポイントを押さえる

 難関大合格に欠かせないのが個別試験で問われる「記述力」であり、まさに合否を左右するものとなる。これからの60日で重要なのは、「加点ポイントを逃さない」「減点ポイントをつくらない」の2点。「神は細部に宿る」というように、記述の得点力は細部で決まる。対策を効率化するために要素のメモ書きや略解程度で済ませるのはおすすめしない。たとえ内容を理解した問題でも、完璧な記述をするのは難しいものだ。必ず手を動かし、実際に答案を完成させるようにしよう。そして、答案は必ず自己採点しよう。採点基準がわからない場合も、自分で目安を決めて、1点単位で得点をつけることが望ましい。大問全体を20点、(1)(2)は誘導だから5点、(3)が10点くらい...などとアバウトでよいので、自分なりに根拠をもって決めることが重要だ。もちろん、先生に添削をお願いできればベスト。先生の添削と自己採点とを比較することで、加点・減点のポイントとなる箇所が見えてくるはずだ。

著者プロフィール

(株)プラスティー教育研究所 八尾直輝先生

1987 年、福岡県生まれ。勉強のやり方を教える塾「プラスティー」を創業、現取締役・塾長として、会社の経営や塾の運営全般に関わっている。共著に『子どものやる気を引き出すゲーミフィケーション勉強法』(講談社)。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・12月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中