page_top

初めての共通テスト受験のプロはこう見た②

  • [センター試験・試行調査と何が変わったのか?]“初めての共通テスト”受験のプロはこう見た!
  • [2021/3/15]

駿台教育研究所 教育情報事業部長 石原 賢一

明らかに思考力、読解力重視に転換

 共通テストは、出題傾向がセンター試験とどう変わったのか、そして受験生の成績の変化はどうだったのかを分析してみました。

 センター試験では直接的に高校での学習内容を問う出題が主流でしたが、共通テストの「第1日程」では、高校で身に付けた学力をもとに日常的な課題について考察するという、「問題作成方針」に沿った出題が目立ちました。

 英語ではリーディングの大問6題が全て読解問題となったことで、読解量が増え、多面的な情報処理能力が求められました。また、リスニングでも音声情報と視覚情報を組み合わせて答える問題が増え、「1回読み」の導入も含め、以前とは様変わりしました。地歴・公民では多様な資料・史料を読み取る力を見る問題、理科では身近な素材をテーマにしたり、実験を取り扱ったりする出題が目立ちました。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[センター試験・試行調査と何が変わったのか?]“初めての共通テスト”受験のプロはこう見た! 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中