page_top

受験を制する重要分野【成績編】

  • [この1年の自分マネジメント!]受験を制する重要分野
  • [2021/3/24]

学力を志望校の合格水準に到達させるため、日々成績と向き合うことが受験生には必要だ。

つまり、志望校合格のためには自分自身の成績の管理が重要になる。

そこで長年進路指導に携わってきた笠井敦司先生に模試などの成績を活用して目標達成するコツを教えてもらおう。


青森県立青森高等学校 教務主任 笠井 敦司 先生


国語科教諭。青森高等学校の綱領「自律自啓」のもと、授業・テスト・進路行事等を通じて、生徒たちが主体性と協調性をもって何事にも果敢に挑戦する姿勢を身につけ、志望校に進学できるよう指導している。



受験を制する重要分野

成績編



学習マネジメント はじめの一歩!

まずは志望校との「詰めるべき距離」の把握を
実戦的な意識で日々の授業、試験を受けよう

 「ところで受験勉強って、何をすればいいの?」と根本的な疑問を持つ人も多いのではないだろうか。まずは求められる水準を知るという意味で、過去問を1年分だけ、それもできる範囲だけで構わないので、解いてみることをおすすめする。取り組んだ結果、自身の苦手分野や知識不足、表現力の弱さという「現実」が浮き彫りになる。その「詰めるべき距離」を心得たうえで自宅学習を進め、日々の授業を受け、その延長上で定期考査や模試を受験する。こうすることで実戦的な意識をもって臨み、課題の達成状況を確認することができる。

 数値的な結果も大切だが、記述問題であれば、どこで部分点を取り、何が抜けていたために失点したのか、その原因究明を行い、言語化してノートに蓄積してきっちり詰めよう。こうした一連のプロセスが「受験勉強」だ。別個に新たな勉強を始めるのが受験勉強ではない。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[この1年の自分マネジメント!]受験を制する重要分野 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中