page_top

受験を制する重要分野【身体編】

  • [この1年の自分マネジメント!]受験を制する重要分野
  • [2021/3/24]

身体と脳は深い関係があり、身体を動かすことで効率的な勉強にも良い影響がある。

しかしなにかと忙しい受験生は、なかなか運動を習慣化することが難しいのではないだろうか。

そこで受験生の運動について研究している内藤隆先生に、受験生でも取り入れやすい運動や、運動を習慣化するための考え方を教えてもらった。


明治大学サービス創新研究所客員研究員 (株)CSUP代表取締役
内藤 隆 先生 先生


早稲田大学大学院スポーツ科学研究科修了。修士(スポーツ科学)。1万人以上に運動指導を行い、受験生の身体不活動と座り過ぎを予防する研究やウェブサイト運営に取り組んでいる。
「受験生のための運動ガイド」 http://physical-activity.com/



受験を制する重要分野

身体編



学習マネジメント はじめの一歩!

適度な運動は心身を好調にし、脳機能を高める
苦手なことへの実行力がつく効果も!

 運動の良い効果のひとつ目は、心身ともに好調を保ちやすくなることだ。適度な運動は身体の免疫力を高め、 体調不良対策や風邪の予防、安定したパフォーマンスにつながる。また身体をよく動かす人ほどメンタルヘルスが良いというデータがあり、運動で心が安定し、前向きになりやすくなる。 2つ目は運動によって脳の機能が高まること。受験生は長時間の勉強で脳は疲れやすいが、反対にあまり身体は疲れない。適度な運動で身体も適度に疲れさせることで、勉強のストレスも軽減され、脳も活性化する。

 3つ目は運動により実行力がつくこと。人間はやる気が出るから行動すると思われがちだが、それは逆で行動することでやる気が生まれる。運動が苦手でも、たとえばスクワットを何回かやると、気持ちが乗ってきて運動しようという気になったりする。苦手な運動の習慣化により、勉強など他の苦手分野への行動力も高まる。

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

蛍雪時代

螢雪時代・7月号

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

先輩合格者の「合格体験記」、ベテラン予備校講師の「科目別アドバイス」をはじめ、センター試験関連情報 や大学入試の分析&予想など、お役立ち情報満載の月刊誌。志望校・合格へあなたをサポートします。

「螢雪時代」のご案内は、こちら

[この1年の自分マネジメント!]受験を制する重要分野 記事一覧

記事一覧に戻る

勉強法&本番攻略法 記事一覧

勉強法&本番攻略法 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

6月のテーマ
毎月中旬更新

《難関大受験生向け》大学入学共通テスト 傾向と対策

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中