page_top

【模試判定をいかに活かしたか】判定は過度に気にしない。苦手分野を発見して克服する機会に

  • 《模試判定の推移から見た》先輩たちの合格への道のり
  • [2020/3/27]

東京大学 文科三類 1年 H・Tさん

2019年 富山県立富山中部高校卒

・所属した部活・・・・・演劇部、文芸部
・部活頻度・・・・・・・1日2時間、週5日
・部活引退月・・・・・・高3の5月
・塾の利用・・・・・・・なし
・高2までの学習量・・・1日平均4時間


一日のスケジュール例


【4月~7月】マーク模試の判定(6月受験):
(その時の思い)少々焦り

模試の判定について

 苦手の数学が足をひっぱり
 生物、化学も基礎があやふや

この記事で取り上げた大学

この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

《模試判定の推移から見た》先輩たちの合格への道のり 記事一覧

記事一覧に戻る

合格体験記 記事一覧

合格体験記 記事一覧に戻る

“東京大学”の関連記事一覧

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中