page_top

[2019年 大学入試]ガイド④:推薦入試・AO入試

  • [2019年 大学入試]まるごとガイド
  • [2018/3/14]

入試の多様化が進むなか、推薦・AO入試の入学者の割合は拡大傾向にあり、とくに私立大全体では入学者の半数が推薦・AO入試で入学している。ここでは、推薦・AO入試の基礎知識を解説しよう。


もうひとつの受験ルートとして存在意義を増す推薦・AO入試

推薦入試は公募制と指定校制

 推薦入試の募集方法は大きく分けて「公募制」と「指定校制」の二通りがある。
 公募制推薦入試とは、大学が提示した出願条件を満たす人について、学校長の推薦に基づき、高校の成績や活動ぶり、面接や小論文、学力検査などを総合して合否を判定するものだ。すなわち、出願条件をクリアし、学校長の推薦が得られれば、全国どこの高校からでも出願できる推薦入試なのだ。
 国立大は原則として公募制推薦で行われ、指定校制推薦はない。また、公立大は一部で指定校制推薦を実施しているほか、「県内・市内の高校に限る」というように、出身地を指定する場合もある。
 一方、私立大では全体的に公募制推薦と指定校制推薦を併用して実施している大学が多い。指定校制推薦は大学が指定した高校から人数を限って出願を受け付ける入試制度だ。大学は過去の入学者数や、入学後の成績などをみて高校を指定する。指定校制推薦では、事前に「高校内選考」があるので、実際の選抜は調査書が中心。指定校制推薦を受けようと考えている人は、進路指導の先生に、どこの大学が自分の高校を指定してきているのかを確認しよう。大学から高校への推薦依頼状は、1学期末までに直接学校長宛てに届くのが一般的だ。


最重要は「全体の評定平均値」

 推薦入試の出願条件は、学業成績、現浪、併願の可否などであり、もっとも重要なのは学業成績。学

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

[2019年 大学入試]まるごとガイド 記事一覧

記事一覧に戻る

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中