page_top

[どうなる!? 大学入試③]“記述抜き”の共通テストはセンター試験とどう違う?

  • 《2021年》どうなる!? 大学入試
  • [2020/2/21]

記述式問題の採点体制、確立かなわず

 英語成績提供システム導入見送り発表から約1か月半となる2019年12月17日、萩生田文部科学大臣は2021年の共通テストで実施される予定だった国語・数学の記述式問題導入見送りを発表した。

 記述式問題をめぐっては、国語で約52万人、数学で約40万人に達する受験生が作成した大量の記述答案をわずか20日程度で採点する体制や採点の精度、自己採点の難しさなどについて懸念する声が根強く、安心して受験できる体制の確立が現時点では困難であったことを示す結果になった。



国語・数学の試験構成、見直しを迫られる

 記述式問題を出題しないこととなった共通テストは、どのような内容になるのだろうか。まずは、大学入試センターが2019年6月7日に公表した実施方針に関する資料に基づく共通テストの出題科目/試


螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

《2021年》どうなる!? 大学入試 記事一覧

記事一覧に戻る

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中