page_top

【ステップ 3-④】入試のしくみを知ろう/学校推薦型選抜・総合型選抜

  • [2021年]大学入試“まるごと”ガイド
  • [2020/4/6]

入試の多様化が進むなか、推薦・AO入試の入学者の割合は拡大傾向にある。2021年からは入試名をそれぞれ学校推薦型選抜・総合型選抜に変えて行われる。受験生の安全志向の高まりから、学校推薦型・総合型選抜の人気はさらに高まりそうだ。

ココが変わる!
●推薦入試⇒学校推薦型選抜、AO入試⇒総合型選抜に名称変更
●調査書には、高校での学習や活動実績を詳細に記入しアピール



もうひとつの受験ルートとして存在意義を増す入試方式

学校推薦型は公募制と指定校制

 学校推薦型選抜の募集方法は大きく分けて「公募制」と「指定校制」の二通りがある。

 公募制推薦入試とは、大学が提示した出願条件を満たす人について、学校長の推薦に基づき、高校の成績や活動ぶり、面接や小論文、学力検査などを総合して合否を判定するものだ。すなわち、出願条件をクリアし、学校長の推薦が得られれば、全国どこの高校からでも出願できる入試制度なのだ。国立大は原則として公募制推薦で行われ、指定校制推薦はない。また、公立大は一部で指定校制推薦を実施しているほか、「県内・市内の高校に限る」というように、出身地を指定する場合もある。

 一方、私立大では全体的に公募制推薦と指定校制推薦を併用して実施している大学が多い。指定校制


この記事についてご意見・ご感想を編集部にお聞かせください。

性別(必須)

学年(必須)

お住まい(都道府県のみ・必須)

ご意見・ご感想(必須)

※投稿いただいたご意見・ご感想については公表いたしません。
貴重なご意見として編集部内での企画検討の際に参考とさせていただきます。

螢雪時代 【定期購読】のご案内

国公立大&難関私立大合格!のために読む雑誌

★月刊誌「螢雪時代」は毎号それぞれをご購入いただけますが、年間を通じてご希望の場合は『定期購読』をお勧めいたします。
年間・10か月以上(2022年3月号までの範囲で継続)の購読をお申し込みいただくと、素敵なプレゼントも進呈!

月刊誌「螢雪時代」は大学選びのための大学情報・入試情報と、合格するための学習方法を毎号満載し、志望校合格をめざす受験生を強力にサポートします。
6月4日までの予定で、ステキなプレゼント付きの『定期購読キャンペーン』を実施中です!

[2021年]大学入試“まるごと”ガイド 記事一覧

記事一覧に戻る

大学&入試の基礎知識 記事一覧

大学&入試の基礎知識 記事一覧に戻る

今月の入試対策

supported by螢雪時代

大学を比べる・決める

My クリップリスト

0大学 0学部 クリップ中